設立目的

沖縄県のIT業界を活性化させる事を主たる目的とする。特にアジアビジネス推進委員会では下記を実現する方策を模索する。
1.
アジア諸国をはじめとする海外ビジネスにチャレンジできる企業および人材を育成・支援する
2.
沖縄の地理的な優位性をアジア諸国に向けて発信し、日本と世界の架け橋となるビジネスモデルを沖縄に構築する
3.
沖縄型クラウドセンターやGIXを活用し、アジア諸国に向け沖縄企業が開発したソフトウェアやクラウドサービスを提供する
4.
アジア企業と友好的な関係を築き上げ、アジア向けのソフト開発、スマホアプリ開発など、海外で積極的に事業をすすめる
5.
沖縄の他産業界が海外ビジネスへと踏み出すために海外市場で競争力を持つ商品やサービス開発において、IT技術を活用し支援する

アジアビジネス推進委員会の活動要綱

アジアでビジネス展開する際の課題について学ぶ
海外でビジネス(取り引き・起業)している日本人との意見交換
アジア企業との交流・情報交換
アジア諸国のビジネスに関する法律・税・各種権利について学ぶ
外資企業との契約方法、受発注形式、集金方法について学ぶ
外国人の採用に関する、契約問題、経験上からのメリット・デメリット
海外との回線接続方法、料金各種、各種問題点を学ぶ
アジアでビジネスする際の効果的なPR・宣伝方法

アジアパートナーシップ連携強化事業 推進会員企業

株式会社ジーエヌエー
株式会社沖縄エジソン
株式会社オキット
リゾテック株式会社
沖縄テクノス株式会社
株式会社ワイズライン
沖縄クロス・ヘッド株式会社
レキオスソフト株式会社
株式会社 オーシーシー
株式会社 琉球ネットワークサービス
ビジネスラリアート株式会社
株式会社ブリブサー
日産車体コンピュータサービス(株) 沖縄オフィス
株式会社 沖縄ソフトウエアセンター
株式会社イーサー
沖電グローバルシステムズ株式会社
ユーマーク株式会社