■□■     第89号                          ■□■

□■       沖縄総合事務局・経済産業ニュース       ■□

■                      2017.03.01            ■
 

━━━━━━━━━━━━━━━【メニュー】━━━━━━━━━━━━━━━
■コラム
「スポーツの成長産業化」
企画振興課長 比嘉 満
 
■イベント
 
○1.(3/6)  IT経営カンファレンスin沖縄2017
○2.(3/9)   平成28年度おきなわ型グリーンマテリアル生産技術の開発
「講演会および成果報告 ~バイオポリマーが「未来」を面白くする~」
○3.(3/14)  物流企業合同説明会及び沖縄国際物流人材育成セミナー
○4.(3/23)  海外展開トピックセミナー
○5.(3/24)  平成28年度沖縄産加工食材の海外展開促進事業
「成果報告および講演会 ~沖縄の食の味わいを世界に!~」
 
 
■お知らせ
○6.久米島町による「ふるさと名物応援宣言」について
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■コラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
「スポーツの成長産業化」
企画振興課長 比嘉 満
 
2020年の東京オリンピック・パラリンピックでスポーツへの注目が一段と
高まりつつある中で、経済産業省・スポーツ庁もスポーツの成長産業化により、
現在のスポーツ産業の市場規模5.5兆円を2025年には、15兆円にするべく、スタ
ジアム・アリーナを核とした街づくりなど種々の取り組みを行っていくことと
しております。(※)
沖縄においては、冬場のスポーツキャンプ・合宿が国内外で認知され、今年は
野球で日本のプロ野球9球団、韓国6球団、プロサッカーチームが日本、韓国、
中国合わせて22チームがキャンプしております。スポーツツーリズムをはじめ
経済効果も拡大しつつありますが、スポーツ産業は、観光、小売業、IT産業、
ものづくり産業などへの波及効果が期待される裾野の広い産業であり、さらなる
成長性、波及性を高める取組が必要と考えております。
企画振興課では、スポーツ産業を冬場だけではなく、1年を通して稼げる産業
にするための方策を検討するために、「沖縄におけるスポーツ産業クラスター形
成に関する調査事業」に取り組んでいるところです。3月21日(火)には、午後
2時から沖縄県立博物館・美術館にて、当該取組に関するフォーラム開催を検討
しています。詳細は、後日ホームページ等で案内する予定ですので、ご注目
ください。
 
※「スポーツ未来開拓会議 中間報告」(経済産業省・スポーツ庁)
http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160614004/20160614004-1.pdf
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■イベント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=-
1. IT経営カンファレンスin沖縄2017
–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=
 
ITコーディネータ沖縄は、「IT経営カンファレンスin沖縄2017」を開催します。
本講演では、IoTの考え方を用いた新しいビジネスの現状と今後の潮流を知り、
中小企業が取り組むべき攻めのIT活用のあり方やSIビジネスと中小企業における
システム導入のあるべき姿について講演致します。攻めのIT経営にご関心のある
皆様のご来場をお待ちしております。
 

  • 日 時:平成29年3月6日(月) 13:00~17:00
  • 場 所:沖縄産業支援センター3F 中ホール(312号室)
  • 定 員:140名程度
  • 参加費:無料

 
◆詳細・申込先はこちら
→ITコーディネータ沖縄
https://peraichi.com/landing_pages/view/itc2017
 
 
【お問い合わせ先】
ITコーディネータ沖縄 (担当:比嘉)
TEL:090-8514-3151
 
-=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=-
2. 平成28年度おきなわ型グリーンマテリアル生産技術の開発
「講演会および成果報告 ~バイオポリマーが「未来」を面白くする~」
–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=
 
沖縄県では平成28年度より、”おきなわ型グリーンマテリアル生産技術の開発
技術”と題して、沖縄のバイオ資源と沖縄の微生物を活用した、機能性原材料で
ある3HB((R)-3-ヒドロキシ酪酸)の用途開発研究を進めています。
3HBは様々な機能性を有していることが知られており、多くの分野において原材
料として、特に機能性樹脂や機能性食品、化粧品、医薬品等の分野における応用が
期待されています。また、3HBを原料とした生分解性プラスチック(バイオポリ
マー)などへの利用も期待されます。
 

  • 日 時:平成29年 3月9日(金) 14:00 ~ 17:00
  • 場 所:沖縄県立博物館 講座室
  • 定 員:70名
  • 参加費:無料

 
◆詳細・申込先はこちら
→グリーンマテリアル講演会サイト
https://ttp-okinawa.jimdo.com/ (トロピカルテクノプラスHP)
「トップ画面」→「平成28年度事業」→「イベント情報」
 
 
【お問い合わせ先】
グリーンマテリアル生産技術事業共同企業体
代表企業 一般社団法人トロピカルテクノプラス
(担当:池端・廣瀬・宮城・渡嘉敷)
TEL:098-982-1100 FAX:098-982-1101
 
 
-=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=-
3. 物流企業合同説明会及び沖縄国際物流人材育成セミナー
–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=
 
沖縄総合事務局では県内物流促進に向けて物流における国際物流専門知識を有す
る人材の育成が急務であると考えており、県内物流事業者においても当該人材の不
足などが課題となっている。その一因には物流業務の認知度が不足していると考え、
今回は物流人材育成に向けたカリキュラムがある沖縄職業能力開発大学校(通称:
ポリテク沖縄)の1年生に対して物流事業者自ら自社PRすることで、業界全体の
イメージをしてもらうことを目的に、物流業務合同説明会を開催致します。
また、終了後には「物流・ロジスティクス業界の現状(仮)」というタイトルで公
益社団法人日本ロジスティクスシステム協会の松井様をお招きして、セミナーも開
催致します。
つきまして、企業PRをしていただける企業様または、セミナー参加者希望者は下
記詳細ページに添付している、申込書に必要事項を記載の上、FAX又は電子メー
ルで送付お願いします。
 

  • 日 時:平成29年3月14日(火)13:10~16:30
  • 場 所:沖縄職業能力開発校 会議室
  • 対象者:物流事業者、沖縄職業能力開発大学校の1年生
  • 定 員:30名程度
  • 主 催:沖縄国際ハブクラスター事務局、沖縄総合事務局

 
◆詳細・申込先はこちら
→ http://www.niac.or.jp/topix1.htm#20170227
 
 
【お問い合わせ先】
沖縄国際ハブクラスター事務局((一財)南西地域産業活性化センター)
TEL: 098-866-4660  FAX:098-860-1077
MAIL: kina-y@niac.or.jp
 
内閣府沖縄総合事務局経済産業部商務通商課(担当:臼井)
TEL:098-866-1731 FAX:098-860-3710
MAIL: usui-yohei@meti.go.jp
 
 
-=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=-
4.海外展開トピックセミナー
-=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=-
 
海外展開を検討、及び実施されている沖縄県内企業を対象に、「不公正貿易報告
書」や「EPA交渉の動向と利活用」など、主要国の貿易上の問題点や政府の取組
状況についてご紹介いたします。併せて、「AEO制度」や「原産地証明とサイン
証明」など、海外展開にあたっての基礎知識・必須情報もご紹介します。
 

  • 日 時:平成29年3月23日(木) 10:00~12:00
  • 場 所:那覇第二地方合同庁舎1号館10階 経済産業部会議室
  • 定 員:40名程度
  • 参加費:無料

 
◆詳細・申込先はこちら
→沖縄総合事務局経済産業部サイト
http://ogb.go.jp/keisan/3353/015799.html
 
 
【お問い合わせ先】
内閣府沖縄総合事務局 経済産業部商務通商課 (桃原、神谷)
TEL:098-866-1731  FAX:098-860-3710
 
=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=-
5.平成28年度沖縄産加工食材の海外展開促進事業
「成果報告および講演会 ~沖縄の食の味わいを世界に!~」
–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=
 
近年、味覚、嗅覚、食感等の感覚的要素を数量的に解析しグラフやチャートで
示す技術が発達し、商品開発に利用されております。その代表的な分析機器に味
覚センサーがあり、この技術を活用することにより、文化、国籍を超え、現地の
味覚に即した商品開発が可能となりました。
今回、味覚センサーを用いた商品開発を行っている県外企業の特別講演と、本
事業の成果報告会を開催いたします。
特別講演では、製品開発や営業ツールとして味覚センサーの戦略的活用事例に
加え、沖縄そばのつゆ、なぜ初代ボンカレーが沖縄で受けるか等の紹介をいたし
ます。成果報告では、対象食材である麺類、菓子類、飲料、レトルト(カレー)
の現地調査や分析、試作改良に関する内容を報告いたします。
 

  • 日 時:平成29年3月24日(金) 13:30~16:00
  • 場 所:ネストホテル那覇2階 ベガ
  • 定 員:70名
  • 参加費:無料

 
◆詳細・申込先はこちら
→沖縄産加工食材の海外展開促進事業サイト
https://ttp-okinawa.jimdo.com/  (トロピカルテクノプラスHP)
「トップ画面」→「平成28年度事業」→「イベント情報」
 
 
【お問い合わせ先】
沖縄産加工食材の海外展開促進事業共同企業体
代表企業 一般社団法人トロピカルテクノプラス
(担当:高良・新屋敷・池端・渡嘉敷)
TEL:098-982-1100 FAX:098-982-1101
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
-=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=-
6.久米島町による「ふるさと名物応援宣言」について
–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=–=
 
平成29年2月28日に、久米島町から中小企業地域資源活用促進法にもとづく
「ふるさと名物応援宣言」が発表されました。
 
【海からの贈もの 久米島 耕海耕国(島)】
久米島町が応援する名物:
沖縄県久米島町で取水される海洋深層水を活用した商品・サービス
 
◆詳細はこちら
→久米島町役場サイト
http://www.town.kumejima.okinawa.jp/sightsee/hurusatomeibutuouennsengen.html
 
 

  • これにより、久米島町が応援するふるさと名物を活用した、中小企業等の取組に

対し、国の補助金や人材育成、中小企業庁での情報発信などの優先措置を受ける
ことができます。
 
 
【お問い合わせ先】
内閣府沖縄総合事務局 経済産業部 中小企業課 (担当:仲座)
TEL:098-866-1755 FAX:098-860-3710