沖縄県情報産業協会 IIA

レジリエントICT研究シンポジウム2022の開催について(東北総合通信局)

沖縄情報通信懇談会 より、「レジリエントICT研究シンポジウム2022の開催について(東北総合通信局)」お知らせがありましたのでご案内いたします。
 *―――*―――*―――*―――*

 日頃よりお世話になっております。

 早速ですが、東日本大震災という未曽有の災害を機に東北大学との連携のもと
 宮城県仙台市に設立された耐災害ICT研究センター(現レジリエントICT研究センター)が
 10周年の迎えレジリエントICTの研究開発とその成果の社会展開に向け、産学官が連携した
 「レジリエントICT研究シンポジウム 2022+」が別添のとおり開催されます。

 つきましては、防災業務の参考として頂きたくご案内申し上げます。
 
 開催日時 2022年11月17日(木)13時30分~17時00分
 https://www.nict.go.jp/resil/symposium2022plus/index.html

■ プログラム
13:30 開会挨拶
 耐災害ICT研究協議会幹事
 栁島 智  東北総合通信局長
 
13:35 基調講演
 総務省 
 竹内 芳明 総務審議官
 Beyond 5Gに向けた情報通信技術戦略と防災・減災・国土強靭化(仮題) 
14:25 講演1
 株式会社KDDI総合研究所 
 中村 元  代表取締役所長
 レジリエントな社会基盤の創生 
(休憩)
15:10 講演2
 国立大学法人東北大学 電気通信研究所 
 羽生 貴弘 所長
 ニューノーマル社会の人間性豊かなコミュニケーションの実現 
15:45 講演3
 国立大学法人東北大学 災害科学国際研究所 
 今村 文彦 所長
 東日本大震災の教訓と今後の防災のあり方 
16:20 講演4
 国立研究開発法人情報通信研究機構 
 井上 真杉 レジリエントICT研究センター長
 10年の歩みとレジリエントICT研究の展望 
16:55 閉会挨拶
 国立研究開発法人情報通信研究機構
 門脇 直人 理事
■参加対象:一般(どなたでも参加できます)
■参加費: 無料
■開催方法   本シンポジウムは【会場参加】と【オンライン参加】のハイブリッドで開催致します。
       お申し込みの際に、どちらかを選択して下さい。
【オンライン参加】の方には開催前日にご登録いただきましたメールアドレスに接続方法をお知らせ致します。
【会場参加】事前登録された方は下記の会場に直接お越し下さい。(12時45分から受付開始) 
 TKPガーデンシティ仙台 ホール21A・B(展示会場はホール21C)
 宮城県仙台市青葉区中央1-3-1AER21階(TEL:022-204-1036)

■参加申込:申込み締切り11/14(月)
 以下のサイトの参加申込み「申込みフォーム」にご登録願います。
 https://www.nict.go.jp/resil/symposium2022plus/index.html
■主催:国立研究開発法人情報通信研究機構、耐災害ICT研究協議会
■後援:国立大学法人東北大学、総務省東北総合通信局

---------------------------------------------------
■問い合わせ先
レジリエントICT研究センター
企画連携推進室
Tel: 022-713-7511
Fax: 022-713-7587
E-mail: resil-sympoアットマークml.nict.go.jp