沖縄県情報産業協会 IIA

沖縄総合事務局・経済産業ニュース【第113号】

※☆印は新着情報です。
■コラム SDGsって何ですか? 政策課長 松本 直樹
■イベント
 1. SDGsシンポジウム
   「沖縄の未来×SDGs~沖縄の持続的な発展に向けて~」の開催
☆2. 琉球大学主催「金沢工業大学×SDGs
        ~「誰一人取り残さない」教育・研究の実現~」のご案内
☆3. 「HACCPに関する説明会~JFS規格について・輸出促進に向けて~」の開催
☆4. ダイバーシティ経営セミナー in 沖縄の開催
☆5. 琉球大学主催「琉球大学未来共創フェア2019」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■コラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

SDGsって何ですか?

政策課長 松本 直樹

 最近、沖縄においても、SDGsという単語を目にしたり、聞いたりすることが多いように思います。しかし、それが、一体、どういう意味で、自分の生活にどう関係していくのかと言われると、すらすらと答えられる人は少ないと思います。かく言う私自身も、言わば、SDGs初心者であります。
 SDGs(Sustainable Development Goals 持続的開発目標)とは、先進国を含む国際社会全体が、今後も持続的に発展し、誰一人取り残さない社会の実現に向け、2030年までに達成すべき17の目標のことです。
 例えば、「貧困をなくそう」、「すべての人に健康と福祉を」、「住み続けられるまちづくり」などが目標として掲げられています。これらの目標はいずれも、もっともなことですが、これらを具体的な取組みにしてゆくには、どうすればいいのかわからないというのが、SDGsに対する多方の反応のようです。
 今後、世界が持続的に発展していくためには、「経済」、「環境」、「社会」という3つの柱がバランスよく存在する必要があります。そのためには、これまでとは異なる発想や視点が求められます。あるいは、小さな気付きが、思わぬ大きな取り組みに繋がってゆく可能性もあります。
 広島平和公園にある「原爆の子の像」に手向けられる折り鶴は年間1000万羽、重さは10トンにもなるとのことです。これらの折り鶴を再生紙としてリサイクルしている活動があります。これは、紙のリサイクルのみならず、平和を願い、折鶴を手向けた人々の想いをも再生するという意味では、平和と公正をすべての人にというSDGsの目標にも繋がっていきます。
 SDGsに取組むということは、決してゼロからの出発ではなく、既に取組んでいることをあらためて、17の目標に照らし、意義付け、その取り組みの方向性を明確にしていくことだと思います。実はすでにSDGsの目標達成に向けて取組んでいる方も多いいのかもしれません。SDGsを自分ごとにしてみませんか。
 この3月5日、午後2時より「SDGsシンポジウム 沖縄の未来×SDGs~沖縄の持続的発展に向けて~」が県立博物館・美術館講堂で開催されます。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■イベント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=-
 1. SDGsシンポジウム
   「沖縄の未来×SDGs~沖縄の持続的な発展に向けて~」の開催
--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=
 2015年9月の国連サミットで採択されたSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、先進国を含む国際社会全体の開発目標として17の目標を設定しています。
 本シンポジウムでは、SDGsについての理解を深めるとともに、SDGs達成を通じた地域の課題解決や企業の競争力強化について、また、沖縄型SDGsの促進について、皆様と一緒に考えます。

・日 時:平成31年3月5日(火) 14:00~17:30
・場 所:沖縄県立博物館・美術館 講座室
     (沖縄県那覇市おもろまち3-1-1)
・概 要:
 1.基調講演「SDGsを通じた地域課題解決と地域経済の活性化」
   講師 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 教授 蟹江憲史 氏
 2.事例紹介「中小企業がSDGsに取り組む意義」
   紹介者 株式会社大川印刷 代表取締役社長 大川哲郎 氏
 3.パネルディスカッション「沖縄におけるSDGs推進のための現状と課題」
   パネリスト(順不同)
    株式会社OTSサービス経営研究所 代表取締役社長 栩野浩 氏
    合同会社ジーエルイー 代表取締役 呉屋由希乃 氏
    株式会社トリム 代表取締役社長 坪井巖 氏
    国頭村企画商工観光課長 大城靖 氏
   コーディネーター
    国立大学法人琉球大学地域連携推進機構特命准教授 宮里大八氏
・定 員:200名程度
・参加費:無料

◆詳細・申込先はこちら
 →沖縄総合事務局経済産業部サイト  
 http://www.ogb.go.jp/keisan/3353/190215_02

【お問い合わせ先】
 内閣府沖縄総合事務局経済産業部政策課 (担当:長嶺、新崎、仲村)
 TEL:098-866-1726(直通)

-=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=-
☆2. 琉球大学主催「金沢工業大学×SDGs
        ~「誰一人取り残さない」教育・研究の実現~」のご案内
--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=
 琉球大学では日本各地のSDGsの取組をご紹介しており、この度は金沢工業大学です。講演は無料です。積極的にご参加ください。
 金沢工業大学はSDGs推進本部から大学として唯一、第1回「ジャパンSDGsアワード」SDGs推進副本部長(内閣官房長官)賞を受賞しました。そのような中、第1回ジャパンSDGsアワード受賞団体・SDGsビジネスアワード2017受賞団体を核とし、SDGsにおける日本中の知見を地方に集め、最前線の取り組みや状況を共有するとともに、関係性を強化することを目的として第1回ジャパンSDGsサミットを開催しています。
 また、SDGs時代を担う学生(小・中・高・大学生)を中心に、若者が主役のユースサミットを開催し、次世代に向けた取組みを共創しています。(株)リバースプロジェクトと、金沢工業大学学生プロジェクト「SDGs Global YouthInnovators」が共同開発したSDGsカードゲーム「THE SDGs Actioncardgame“X”」を参加者の皆さんに体験していただきます。

・平成31年3月6日(水)14:00~17:00
・参加費:無料
・プログラム概要
「SDGs時代において大学に求められる役割」
 講師:金沢工業大学SDGs推進センターセンター長 平本督太郎氏
「THE SDGs Action cardgame “X” 」体験会
 ファシリテーター: SDGs Global Youth Innovators

◆詳細・申込先はこちら
 →申し込みページ
 http://urx3.nu/PTP2

【お問い合わせ先】
 琉球大学地域連携推進機構担当:翁長、當銘、日高、宮平、宮里
 E-mail: daiya@lab.u-ryukyu.ac.jp

-=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=-
☆3. 「HACCPに関する説明会~JFS規格について・輸出促進に向けて~」の開催
--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=
 食品の衛生管理へのHACCP(ハサップ)の導入については、昨年6月13日に、食品衛生法の一部を改正する法律が公布され、原則全ての食品等事業者はHACCPに沿った衛生管理に取り組むこととされました。
 また、政府が推進する農林水産業の輸出力強化に向けては、輸出先となる国や事業者から求められるHACCP対応、食品安全管理規格の認証取得が求められています。
 そのような中で、昨年10月に日本発の食品安全管理規格であるJFS-CがGFSIに承認され、国際的な認証制度となりました。
 このような状況を踏まえ、沖縄総合事務局では、HACCPや食品衛生管理を取り巻く状況等を情報提供し、HACCPの普及推進と農林水産業の輸出力強化を図ることを目的に、本説明会を開催します。

・日 時:平成31年3月12日(火) 13:30~16:30
・場 所:那覇第2地方合同庁舎2号館10階会議室(那覇市おもろまち2-1-1)
・定 員:50名(定員に達し次第締め切り)
・参加費:無料
・申込締切:平成31年3月5日(火)

◆詳細・申込先はこちら
 →沖縄総合事務局農林水産部サイト
http://www.ogb.go.jp/-/media/Files/OGB/Nousui/press_info/190225_1/190225_1.pdf?la=ja-JP&hash=64BE7B732966732676EC62EA66E9CC03CE5E8564

【お問い合わせ先】
 内閣府沖縄総合事務局 農林水産部 食料産業課 (担当:玉城、前里)
 TEL:098-866-1673 FAX:098-860-1179
 内閣府沖縄総合事務局 経済産業部 商務通商課 (担当:佐久本、比嘉)
 TEL:098-866-1731 FAX:098-860-3710

-=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=-
☆4. ダイバーシティ経営セミナー in 沖縄の開催
--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=
 政府において、人生100年時代を見据えた経済社会の在り方の検討が行われる中、個人が自らのキャリア・働き方に意思と責任をもつとともに、活躍し続けるための環境の整備が求められるようになってきています。
 一方、企業側においては、労働需要の拡大に伴う人手不足が喫緊の課題となっているところであり、適正な人材確保に向けては、ミスマッチングを防ぐとともに、企業の経営課題を明確化し、そのうえで、高齢者、障害者、外国人、女性など多様な人材を確保していくことが重要となっています。
 本セミナーでは、全国の優良事例を横展開することで、多様な人材活用の在り方や今後のダイバーシティ経営の可能性について理解を深めていただくことを目的としています。

・日 時:平成31年3月12日(火) 14:00~16:30
・場 所:沖縄県立博物館・美術館 講座室(沖縄県那覇市おもろまち3-1-1)
・定 員:50名程度
・参加費:無料

◆詳細・申込先はこちら 
 →沖縄総合事務局経済産業部サイト  
 http://www.ogb.go.jp/keisan/3353/190228_01

【お問い合わせ先】
 沖縄総合事務局 経済産業部 地域経済課(田畑、幸喜)
 TEL:098-866-1730(直通)

-=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=-
☆5. 琉球大学主催「琉球大学未来共創フェア2019」のご案内
--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=
 琉球大学では、3月23日(土)に初めて「琉球大学未来共創フェア2019」を奥武山公園・沖縄県立武道館アリーナ棟において開催します。
 本フェアは、琉球大学のビジョン「地域とともに豊かな未来社会をデザインする大学」の実現に向け、琉球大学が取り組む教育・研究・診療の成果を広く地域社会へと開示するとともに、それを通じた地域社会とのコミュニケーションの場を創出することで、さまざまな次元における新たな地域貢献活動を創造する機会とすることを目的としています。是非、琉球大学の今を「見て・触れて・感じて・学んで」くださいませ。
※開会式・基調講演のお申込はメールや電話でも受け付けております。

・日時:平成31年3月23日(土)
・参加費:無料
・プログラム概要
  基調講演 姜尚中氏(カンサンジュン)(東京大学名誉教授)
       テーマ「大学と地域社会 ―地域貢献の必要性―」
  その他、ブース・パネル展示等も実施しています。

◆詳細・申込先はこちら 
 →琉球大学サイト
 https://chiiki.skr.u-ryukyu.ac.jp/?p=452
※フェア最新の情報はこちらのWebサイトでご確認ください。
※開会式・基調講演は「参加申込」が必要になります。

【お問い合わせ先】
 琉球大学総合企画部地域連携推進課 企画係
 TEL:098-895-8562 E-mail: chikikaku@to.jim.u-ryukyu.ac.jp