沖縄県情報産業協会 IIA

沖縄総合事務局・経済産業ニュース【第108号】

※☆印は新着情報です。
■コラム
  「スポーツぬ秋やいび~ん!」        企画振興課長 大田 定
■イベント
☆1. 【12/20那覇市開催】平成30年度知的財産権制度説明会(実務者向け)
■お知らせ
 2. IT導入補助金の3次公募について
☆3. 「第45回優秀環境装置表彰」案件募集のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■コラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           「スポーツぬ秋やいび~ん!」
                         企画振興課長 大田 定
 昨日は台風24号の日本列島縦断、沖縄県知事選挙開票、パ・リーグの埼玉西武ライオンズ10年ぶり優勝と慌ただしく過ぎた。先週も広島東洋カープがセ・リーグ3連覇、プロバスケットボールの琉球ゴールデンキングスが、アジア12カ国が競うテリフィック12(The Terrific 12・国際バスケットボール連盟公認)で、国際大会初優勝し岸本隆一選手がMVPに選ばれた。そのキングスのホームタウンである沖縄市で1万人収容の多目的アリーナ(仮称)建設工事起工式典が9月25日に挙行されるなど、スポーツ関連ネタが集中した1週間となった。さて、ここからが本コラムの本題・・。
 当局は、政府が日本再興戦略に「スポーツの成長産業化」を打ち出し、5.5兆円から15兆円の数値目標を立てたことを横目に、これまでのスポーツ産業の成長性や沖縄のポテンシャル(沖縄力)に着眼し、「沖縄スポーツ・ヘルスケア産業クラスター推進協議会」をスタートさせた。スポーツに観光、IoT、健康・医療など他の産業との組み合わせによるスポーツビジネスの可能性、イノベーションの創出を追求すべく、地域未来投資の観点から、「コストセンターからプロフィットセンター」をキャッチフレーズとし、従来の公共施設整備に留まらず、収益の上がるスタジアムアリーナの建設・改修やアリーナを核とした街づくりの視点で、公共的価値を向上させるために「沖縄市多目的アリーナ」が完成する東京オリンピック閉幕後の2020年秋を見据えて沖縄市とキャッチボールできないものか・・。
 スポーツや音楽はもとより、他のコンテンツと掛け合わせによる街の賑わいが地方創生のモデル事業となるよう、黒子(裏方)に徹し心地よい汗をかけたらいいと、大型台風一過の日に昼寝はしないが夢想したりする。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■イベント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=-
☆1. 【12/20那覇市開催】平成30年度知的財産権制度説明会(実務者向け)
--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=
 特許庁、各経済産業局及び内閣府沖縄総合事務局は、知的財産の業務に携わっている方、基礎的な内容からさらに進んだ内容に興味がある方を対象に、実務者向け説明会を全国の主要都市で開催します。説明会では、商標の審査基準やその運用、特許・商標の国際出願の手続き等の実務上必要な知識を特許庁職員等が分かりやすく説明します。
 また、沖縄県以外でも、各地域で様々なテーマで説明会を実施しており、一部地域では特許法等の改正に関する説明会を合わせて開催いたします(全国22都道府県において実施。)。

<沖縄県開催>
・日 程:平成30年12月20日(木)
・場 所:TKPネストホテル那覇
・講義名:
(1)特許協力条約(PCT)に基づく国際出願制度に関するトピックス
(2)PATENTSCOPE(特許文献のグローバル・データベース)の使い方
(3)商標の審査基準及び審査の運用
(4)商標の国際登録制度(マドリッド制度)について〔管理実務〕(制度全般・オンラインサービス)
・参加費:無料(テキストも無料配布)
・講 師:特許庁職員等
・主 催:特許庁/内閣府沖縄総合事務局

◆詳細・申込先はこちら
 →平成30年度知的財産権制度説明会(実務者向け)・特許法等改正説明会
  案内サイト ※他地域の開催情報も掲載
  http://www.jit2018.go.jp/index.html

【お問い合わせ先】
 内閣府沖縄総合事務局 経済産業部 地域経済課 (担当:楢原)
 TEL:098-866-1730 FAX:098-860-1375

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=-
 2. IT導入補助金の3次公募について
--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=
 中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、クラウド等)の導入にかかる費用を補助する「IT導入補助金」の3次公募が始まっています。要件等の見直しがなされ、ご利用しやすくなっていますので、この機会に活用をご検討ください。 

IT導入補助金
1.3次公募期間
 平成30年9月12日(水)~平成30年11月19日(月)
2.補助対象経費
 ソフトウェア、クラウド利用費、導入関連経費等
 (補助対象外経費:ハードウェア購入費、消費税等)
3.補助金の上限・下限・補助率
 上限:50万円
 下限:15万円
 補助率:1/2以下
4.公募内容
 →IT導入補助金ウェブサイト https://www.it-hojo.jp/
 →IT導入補助金リーフレット 
  https://www.it-hojo.jp/h29/doc/pdf/h29_ithojo_leaflet.pdf

【お問い合わせ先】
 内閣府沖縄総合事務局 経済産業部 商務通商課 (担当:城間・安慶田)
 TEL:098-866-1731 FAX:098-860-3710

-=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=-
☆3. 「第45回優秀環境装置表彰」案件募集のご案内
--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=--=
 一般社団法人日本産業機械工業会では、1974(昭和49)年度より経済産業省の後援を得て、環境保全技術の研究・開発、並びに優秀な環境装置(システム)の普及の促進を図ることを目的として「優秀環境装置の表彰事業」を実施しており、本年で第45回を迎えることとなりました。本年度も「優秀環境装置」の募集を行いますので、奮ってご応募ください。

・表彰の対象
地球環境保全に資する以下の環境装置
(1)大気汚染防止装置
(2)水質汚濁防止装置
(3)廃棄物処理装置
(4)騒音・振動防止装置
(5)土壌・地下水汚染修復装置
(6)再資源化装置
(7)その他環境負荷低減に資する装置

・賞の種類
(1)経済産業大臣賞
(2)経済産業省産業技術環境局長賞
(3)中小企業庁長官賞
(4)一般社団法人日本産業機械工業会会長賞

・募集期間
2018年9月10日(月)~2018年10月19日(金)※必着

◆詳細・申込先はこちら
 →一般社団法人日本産業機械工業会サイト
 http://www.jsim.or.jp/news2018/news_180910.html

【お問い合わせ先】
 一般社団法人日本産業機械工業会 環境装置部(TEL:03-3434-6820)