沖縄県情報産業協会 IIA

沖縄MICEネットワーク メールニュース (2019.12.04号)

沖縄MICEネットワーク メールニュース(2019.12.04号) 

1. 新着トピックスのご案内(1件)
2.「沖縄県MICE開催実態調査(2019年分)」へのご協力のお願い
3. 編集長コラム「やすだのひとりごと。」 第6回
-------------------------
1. 新着トピックスのご案内(1件)
-------------------------
沖縄MICEネットワークウェブサイトにアップされた新着トピックスをご紹介いたします。
■[その他] 日本政府観光局「2020 年特別キャンペーン」M&I 旅行向けコンテンツ収集協力依頼
【沖縄観光コンベンションビューロー】
日本政府観光局から「2020年特別キャンペーン」にふさわしいMeeting・Incentive Travelのコンテンツ収集依頼が届いております。このうち、沖縄エリア分については、OCVBにていったん取りまとめを行います。
OMN会員企業の皆様において特別感あるM&I向けコンテンツがございましたら、ぜひご応募ください。
https://www.okinawamicenetwork.jp/topics/20191202-2/
-------------------------
2.「沖縄県MICE開催実態調査(2019年分)」へのご協力のお願い
-------------------------
沖縄県では、平成29年7月に今後10年のMICE振興の基本的な方向を示した「沖縄MICE振興戦略」を策定しており、同戦略では、2026年に参加者数1,000名以上のMICE開催件数231件を目標としています。
本県では、同戦略の目標達成に向け、成長著しいアジア地域や国内のMICE開催需要を沖縄に取り込み、さらなるMICE振興を図るべく、MICE開催の誘致、MICE人材の育成、受入体制の強化等に取り組んでいるところです。今後、MICE振興の方向性や各種具体的施策を検討する際の基礎資料とするため、本県のMICE開催実態を把握することを目的に毎年「沖縄県MICE開催実態調査」を行っており、本年も本調査を実施しております。OMN会員企業ならびにMICE関連事業者の皆様におかれましては、本調査にご協力くださいますようお願いいたします。「沖縄県MICE開催実態調査」の詳細につきましては、以下のURLをご参照ください。
https://www.pref.okinawa.jp/site/bunka-sports/mice/h30mice-chousa.html
https://www.okinawamicenetwork.jp/topics/20191204-2/
-------------------------
3. 編集長コラム「やすだのひとりごと。」 第6回
-------------------------
(はじめに)
このコラムでは、いまさら聞けないMICEの基礎的な知識の復習や、沖縄のMICE界隈の近況、はたまたOMNメールニュースの編集長の個人的な思いなど、ごった煮のような感じで、2週間に1回程度の割合でしばらくの間綴ってまいります。どうか温かい目でお付き合いください。(編集部)
■第6回■ 学会のつくりかた(1) 大まかな流れを把握しましょう
前回までは、「ビジネス機会を活用しましょう!」という内容でお話ししてきましたが、今回からはちょっと趣向を変えて…学会が開催されるまでの流れについて、数回に分けてざっくりとご案内したいと思います。
まず、ものすごく大雑把な流れを書き出してみますと、こんな感じになります;
(1) 誘致活動 ⇒ 沖縄での開催決定!
   ↓
(2) 運営計画の策定・運営体制の整備
   ↓
(3) 協賛等募集、広報戦略の立案・実施
   ↓
(4) 演題・参加者等の管理
   ↓
(5) 最終準備
   ↓
(6) 学会本番!
   ↓
(7) 事後処理 ⇒次回学会への引き継ぎ

このプロセスをどれぐらいの期間をかけて行うかというと、(2)~(6)までが概ね1年~1年半。
(1)の誘致活動については、学会の性質にもよりますが、概ね開催予定日の数年前から動きますので、トータルで考えると3~4年ぐらいはかかると考えたほうがよいでしょう。(もちろん、場合によってはもっとかかります。)
泡盛の古酒は3年以上熟成されて市場に出回りますが、学会も泡盛と同じく長い期間をかけて周到に準備し実施していきますので、それはそれはすごい手間暇がかかります。なかなか大変です。でも、泡盛が手間暇をかけているからこそ芳醇な味わいを楽しめるのと同じように、学会もきちんとプロセスを経て手間暇をかけることで成功につながり、参加者・主催者の満足に(たぶん)繋がっていきます。とりあえず、今回はこのあたりで。次回はプロセスごとに分けてご案内したいと思います。