沖縄県情報産業協会 IIA

沖縄MICEネットワーク メールニュース (2019.11.13号)


 沖縄MICEネットワーク メールニュース (2019.11.13号) 

1. 新着トピックスのご案内(2件)
2. (11/26開催)令和元年度第2回MICE勉強会 参加者募集中!
3. 編集長コラム「やすだのひとりごと。」 第5回
-------------------------
1. 新着トピックスのご案内(2件)
-------------------------
沖縄MICEネットワークウェブサイトにアップされた新着トピックスをご紹介いたします。
■[セミナー/研修] (11/19開催) 日台パートナーシップ強化セミナーのご案内
【JETRO沖縄】
那覇市・JETROでは、11月19日に台湾市場の開拓や、台湾企業とのパートナーシップ形成に関するセミナーを開催します。台湾企業市場の開拓や、台湾企業との連携にご関心がある事業者はぜひご参加ください!
https://www.okinawamicenetwork.jp/topics/20191030-3/
■[製品・サービス案内] 新商品「サプライズ!フラッシュモブ」
【琉球パフォーマーズコネクション】
琉球パフォーマーズコネクションでは、大切なゲストをおもてなしするサプライズエンターテインメント「フラッシュモブ」を新たに追加しました!
https://www.okinawamicenetwork.jp/topics/20191105-2/
-------------------------
2. (11/26開催)令和元年度第2回MICE勉強会 参加者募集中!
-------------------------
沖縄MICEネットワークでは、今年度第2回目の会員向けMICE勉強会を下記の要領にて開催いたします。
◆日 時:令和元年11月26日(火) 15:00~17:00
◆会 場:ロワジールホテル 那覇 あまいろA
◆テーマ:『時代の変化にあわせたMICE商品を作るポイント』
あらゆる商品に応用可能な商品開発のエッセンスや、
久米島の観光素材がどのようにMICE商品として活用できるようになったかなど、
具体的事例を交えて、MICE商品づくりのポイントについて学びます。
◆講 師:羽根 拓也氏 (株式会社アクティブラーニング代表取締役社長)
◆受講料:無料
◆定 員:60名(定員に達し次第受付を終了します)
参加申し込み方法につきましては、沖縄MICEネットワークウェブサイト(下記URL)をご覧ください。
https://www.okinawamicenetwork.jp/topics/20191023-2/
-------------------------
3. 編集長コラム「やすだのひとりごと。」 第5回
-------------------------
(はじめに)このコラムでは、いまさら聞けないMICEの基礎的な知識の復習や、沖縄のMICE界隈の近況、はたまたOMNメールニュースの編集長の個人的な思いなど、ごった煮のような感じで、2週間に1回程度の割合でしばらくの間綴ってまいります。どうか温かい目でお付き合いください。(編集部)
■第5回■ Never End
安室奈美恵さんの代表曲の1つで、2000年の九州・沖縄サミットのイメージソングでもあった「Never End」には、こういう一節があります。
―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*
生きていかなきゃいけない 涙の日でも
だけど強くなれない ならなきゃいけない
容赦なく時は刻みつづける
はしるこころ抑え 歩きつづける
―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*
皆様もご存じのように、10月31日、首里城が大きな火災に見舞われ、沖縄全体が悲しみに包まれました。
あの日は、私自身も、首里城の方面から大きな黒煙が間断なく上っているのを見て、途方に暮れていました。
観光面でも、「沖縄観光の目玉」であった首里城の焼失は大きな損失。失って初めて、その存在の大きさを思い知らされたような気がします。しかし、このことをものすごくポジティブに捉えるとすれば、私達が失ったものは"建物"であり、琉球王国時代から受け継がれた"文化"を失ったわけではありません。周りを改めて見渡したとき、琉球の伝統文化はもちろん、アメリカ人等との交流や、海外のウチナーンチュたちが持ち帰ったラテン文化等と融合して作り上げられたチャンプルー文化などの多様な文化を礎にした施設やコンテンツなど、
魅力的な観光資源はまだまだいっぱいあるんだ、ということに気づきます。
これら資源に改めて注目し、知恵を絞って有意義な活用を図っていくことで、沖縄観光の魅力の幅が広がり、観光関連ビジネスの機会拡大に繋がるのではないかと思います。このことは観光産業に限ったことではなく、ビジネスの発展のためには、新しいものを取り入れることだけに注目するのではなく、いま身近にあるリソース(物的資源、人的資源、機会など)をどのように活用し、ビジネスにどう結び付けていくかを考えることは非常に重要だと考えます。例えば、「機会」に目を向けてみると、日本最大級の国際食品商談会に成長した「沖縄大交易会」(あすから開催)だけでなく、来年2月に初めて開催する「ResorTech Okinawa おきなわ国際IT見本市」もありますし、来年10月には世界最大級の旅行博「ツ―リズムEXPOジャパン2020」が開催されるなど、沖縄には大きなビジネスチャンスがかなりあります。この機会を皆様のビジネスにどう活かしていくか、一緒に考えてみませんか。
ちなみに、「Never End」は最後にこう締めくくられています。
―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*
Never End Never End 私達の明日は
Fantasy 夢を見る 誰でも夢を見る
数えきれない やさしさが支えてる
―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*
どんなときでも夢を失わず、支え合って、手を携えて、1歩ずつ前を向いて歩いていきましょう。
愛する沖縄の、未来のために。
今回はこのあたりで。

最近のお知らせ

2019年12月13日お知らせセミナーODITT
2019年度 第4回ODITT特別セミナーのご案内(1/10)
2019年12月13日お知らせ
【IIA】 2020年度新入社員合同研修事業説明会開催のお知らせ
2019年12月13日お知らせJISA
【JISA Webニュース】No.1207
2019年12月11日お知らせ
沖縄MICEネットワーク メールニュース (2019.12.11号)
2019年12月05日お知らせISCO
【ISCOメルマガ】vol24