沖縄県情報産業協会 IIA

【ISCOメルマガ】vol.3

╋━━━━━━━━━━━━━━━2018/12/05━ 

【ISCO理事長の巻頭報告】
======================
『 休止中のWeb「沖縄平和アーカイブ」復活 』
詳細:https://goo.gl/hCzt1k
======================

【沖縄県公募情報】
======================
■『 【公募】平成30年度沖縄活用型商流・物流拡充ビジネスモデル実証事業委託に係る企画提案募集について 』
詳細:https://goo.gl/v5wh4k

■『 平成30年度「IoT利活用促進ネットワーク基盤構築・実証事業(IoTPF利用)」に係る企画提案募集について 』
詳細:https://goo.gl/nWK9Zv

======================

【沖縄情報】
======================
<<経済・企業>>
■『 那覇空港で整備事業来年1月スタート MROジャパン 』
 沖縄県はMROジャパンが運営する航空機整備施設(MRO施設)の完成式典を開いた。
2019年1月から航空機整備を始める。大阪(伊丹)空港格納庫からの移転。国内3位(16年度)の路線数を持つ那覇空港は、国際線やLCC就航が増加し、整備需要の拡大が見込まれる。アジアに近く、海外需要も取り込む。

■『 台北と韓国の事務所閉鎖 OCVB「役割終えた」』
 沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は台北と韓国にある海外事務所を2019年3月末で閉所する。県からの予算減が主な要因。今後は現地市場に定期的に職員を出張させることで情報収集や営業活動などを展開し、県内にある旅行会社や代理店などと情報交換やプロモーションを図る。OCVBの海外事務所は県の100%運営補助事業として開設された。その後、補助率は70%ほどに減った。
16年3月に大阪の事務所も閉鎖しており、県外事務所は東京だけになる。

■『 JAおきなわ、海外販売好調畜産物などクルーズ船内でも 』
 JAおきなわが今年4月から本格化している農畜産物の海外販売が好調。初年度販売目標を1億円のうち、10月末時点で5520万円を売り上げ、目標を上回るペースだ。クルーズ船内消費の畜産物が好調で、おきなわ和牛はあぐー豚が売り上げの大半を占める。飲料や黒糖などの加工品は681万円、青果物は401万円だった。

■『 沖銀がキャッシュレスサービス強化内外サービス集約 』
 沖縄銀行はウィチャットペイやアリペイ、ラインペイの加盟店管理業務(アクワイアリング)を始め、加盟店向けに3ブランドの決済サービスを集約できる「おきぎんスターペイ」の提供を始めた。一つのアプリと端末で複数のQRコード決済に対応が可能で、今後は3ブランド以外にも取り扱いを拡大していく予定。 

<<観光・生活・文化>>
■『「リーガルウエディング」が人気、外国人の婚姻届急増 』
 「リーガルウエディング」~外国人カップルが県内の市町村で婚姻届を提出し、証明書の発行を受ける。この件数が増え続け、定着してきた。2017年は400件、13年の157件から2・5倍に増えた。沖縄でリゾートウエディングを挙げると同時に日本の証明書を得る。リーガル婚の9割超が、日本の婚姻証明書が有効な香港のカップルで、多様なリゾートウエディングの一つとして18年も好調だ。

■『食のテーマパーク「琉球王国市場」開業、国際通りの旧三越跡に 』
 国際通りの旧沖縄三越百貨店跡(那覇市牧志)に沖縄や日本の飲食を集めた「琉球王国市場」が開業。沖縄初出店の飲食店を含めて約50店が入る予定。国内外からの観光客や地元客を呼び込む。国際通りの中心に新たな店舗が開業することで、地域の活性化が期待できる。

■『食のテーマパーク「琉球王国市場」開業、国際通りの旧三越跡に 』
 国際通りの旧沖縄三越百貨店跡(那覇市牧志)に沖縄や日本の飲食を集めた「琉球王国市場」が開業。沖縄初出店の飲食店を含めて約50店が入る予定。国内外からの観光客や地元客を呼び込む。国際通りの中心に新たな店舗が開業することで、地域の活性化が期待できる。

■『北海道+沖縄 どさんこしまんちゅプロジェクト』
 日本の端同士の沖縄と北海道の企業が地域・経済の発展を目指す「どさんこしまんちゅプロジェクト」がスタートした。代表理事は沖縄ツーリストの東良和会長。「お互いのノウハウを生かし、マーケットの共有を進める」「1億人泊を目指す」。地方創生のモデル作りの挑戦だ。

■『宮古島にプライベートプール付きのホテル』
 沖縄UDS(那覇市、岡崎勝彦社長)は宮古島市城辺長間で日建ハウジング(那覇市、新井正樹社長)と共同開発、リゾートホテル「the rescape」を2019年5月6日に開業する。鉄筋コンクリート造の平屋24棟(一部2階建て)で41室、プライベートプールを備えている。天然ビーチと原生林に囲まれた「隠れ家」的な立地で、レストラン、カフェ&バー、ライブラリーなどの付帯施設がある。

■『りゅうせきが複合型介護施設』
 りゅうせき(浦添市)は地域密着型の複合老人施設「百穂苑」を開業する。利用者が地域にいながら複数の支援を受けられるように、デイサービスやグループホーム、特別養護老人ホームなど五つの事業所を併設する。2019年4月開業の予定。
(この欄は琉球新報、沖縄タイムズの掲載記事を参考に作成しました)

======================
【イベント情報】
======================
<<ISCOイベント>>
■『土木建築系『 ITソリューション・ビジネス相談会』補助金等説明会』
詳細:https://goo.gl/iXKzys

■『セキュリティ・ミニキャンプ in 沖縄2018』
詳細:https://goo.gl/D3qH8t
※募集は、既に締め切りました。

■『「VRと地理情報~今後のビジネスへの展開」セミナー開催』
詳細:https://goo.gl/NzgNSY

■『「VRと地理情報~今後のビジネスへの展開」セミナー開催』
詳細:https://goo.gl/NzgNSY

======================