沖縄県情報産業協会 IIA

【ISCOメルマガ】 vol.6『ISCOが台湾2団体と新たにMOU締結、合計海外5団体MOU』

■□ 目次 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
    [1]  携帯翻訳機で海外活動が活性化
    【ISCO理事長の巻頭報告】
    [2] 『ISCOが台湾2団体と新たにMOU締結、合計海外5団体MOU』
    [3] 沖縄県公募情報
    [4] 沖縄情報 経済・企業
    [5] イベント情報
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■

■─■────────────────────────────────────
  [1] 携帯翻訳機で海外活動が活性化
  【ISCO理事長の巻頭報告】
■─■────────────────────────────────────
 台湾のイノベーション推進組織とMOU締結のために、12月、1月と台湾訪問が相次いだ。交渉を通じて、台湾の方々がたいへん「親日的」であることには感動する。友人として心地よい。アジアの隣人の中には最近「反日」的な政府の動きが報道される国も目立って心が重くなることが多いが、台湾の方と付き合うと心が温まる。
 ただ、問題は中国語に慣れないことである。
 筆者がかつて会長をしていた全国ソフトウェア協同組合連合会(JASPA)も台湾の情報サービス産業団体のCISAとMOUを結んでいた。年に1度、アジア最大級のIT展示会であるCOMPUTEX参加のために台湾を訪問していたので、台北は慣れた都市だと思っていたが、久しぶりに訪れてみると、なかなか自由には行かない。団体で動いていた時には気が付かなかったが、何よりも街中で言葉が通じないのは辛い。
 そこで威力を発揮したのが最近、急に人気の出ている携帯電子翻訳機である。どこまで使えるのか、疑心暗鬼だったが、試してみると、十分に通じた。日本語で吹き込んでから、中国語が出てくるには若干の遅れがあるが、人間の通訳でもそれは同じ事である。
 これで言語の壁が一気に下がった。さすがに会議では通訳の方を介して議事を進行させるが、その後の食事会、懇親会では、この電子翻訳機で十分に意思疎通ができる。
 出張を億劫がっていたスタッフも、がぜん、意欲的になって来た。ITは人と人の間を近づける道具である。ISCOの活動もこの翻訳機のおかげで、海外との交流がさらに活発になりそうだ。

■─■────────────────────────────────────
  [2] 『ISCOが新たに台湾2団体とMOU締結。海外団体とのMOUは5団体に』
■─■────────────────────────────────────
 一般財団法人沖縄ITイノベーション戦略センター(ISCO)は、台湾コンピュータ協会(TCA)、Global Organization of Smart Cities(GO SMART)両団体と2019年1月16日(水)、それぞれ相互の国際連携を図る目的で覚書(MOU)を締結した。
T CAは1974年設立の台湾を代表するコンピュータの業界団体(全国組織)でアジア最大級の情報機器展示会「COMPUTEX」を開催している。ISCO とのMOUは①それぞれが開催する展示会・カンファレンス・イベントへの参加促進、相互招聘などの支援②IT関連企業、特にベンチャー企業に関するビジネスマッチング、アライアンス支援、並びに相互交流--で協力。
 GO SMART は今年3月、スマートシティのグローバル組織として発足することを台北市が提唱。都市のためのオープンでグローバルかつ実用的なプラットフォームの確立を目指している。①  スマートシティソリューションにおける知識・経験及びベストプラクティスの共有、並びに他のGO SMARTメンバーとの共同プロジェクトの実施②使用可能な場所、技術、製品及びサービスの提供による、革新的な概念実証への取り組みで協力する。
(Global Organization of Smart Cities)とのMOU締結について
ISCOとIAPSのMOU締結
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000040468.html
ISCOとエストニア・STACC、ラトビア・LIAA、MOU締結https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000040468.html
ISCOと TCA及び GO SMARTとのMOU締結
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000040468.html

■─■────────────────────────────────────
   [3] 沖縄県公募情報
■─■────────────────────────────────────
■沖縄県振興審議会委員の公募について
https://www.pref.okinawa.jp/site/kikaku/chosei/ken_shingikai_iin_koubo2.html
沖縄県振興審議会は、県の振興に関する重要事項について調査審議することを目的とし、県行政の意思形成過程に県民が直接参加する機会を確保するため、沖縄県振興審議会の委員を広く県民から募集します。
応募期間:平成31年1月11日(金) ~ 平成31年2月12日(火)

■「Be.Okinawa Free Wi-Fi」の指定事業者募集
沖縄県では、外国人観光客におけるフリーWi-Fiの利用ニーズの高まりに対応して、沖縄県が推奨するフリーWi-Fiサービス「Be.Okinawa Free Wi-Fi」を整備するにあたり、指定事業者を募集している。
 沖縄県、指定事業者、観光関連事業者(宿泊業、飲食業等)、観光客についての関係図は、次のとおり。
・Be.Okinawa Free Wi-Fiサービス事業 https://goo.gl/zsso5L(PDF:182KB
指定事業者を希望する事業者は、次の規程に従い申請してください。

・Be.Okinawa Free Wi-Fiサービス事業を実施する電気通信等関係事業者の指定に関する規程
 https://goo.gl/wFwkUW (PDF:96KB)
・Be.Okinawa Free Wi-Fiサービス事業実施基準仕様 https://goo.gl/2QgTVT (PDF:86KB)
・申請書等様式 https://goo.gl/FcQceB (ワード:29KB)
・アクセスポイント設置状況届出書 https://goo.gl/mkPxSH (エクセル:13KB)

■【オフィス】沖縄IT津梁パーク入居募集(再掲)
https://www.pref.okinawa.jp/site/shoko/johosangyo/kiban/itshinryo/boshu1811.html
随時募集中。
【オフィス】沖縄情報通信センタービジネス棟入居募集(再掲)
https://www.pref.okinawa.jp/site/shoko/johosangyo/kiban/kendc/bizkoubo.html
随時募集中。

■─■────────────────────────────────────
    [4] 沖縄情報 経済・企業
■─■────────────────────────────────────
■『オリオン買収、敵対的買収ではない』
オリオンビールはビール業界全体が厳しい状況の中で野村ホールディングスと米カーライル・グループの支援を受け、企業価値の向上を目指す、と発表した。買収後も沖縄に根差した企業として存続することを願う声も大きいが、記者会見に応じたオリオン側首脳は「敵対的買収ではない」と断言した、という。

■『沖縄県内観光客数 最高984万人 18年度の1千万の達成は厳しく』
 沖縄県の発表によると、2018年の暦年(1~12月)の入域観光客数が前年比4・7%増(44万6200人増)の984万2400人になった。台風や麻疹(はしか)の影響で前年割れの月があったが、6年連続で過去最高を更新した。ただ、18年度目標の「1千万人」については、達成が厳しい。 

■『JTB、観客魅了する琉球の音と舞』
 JTBとJTB沖縄は芸能イベント第133回「杜の賑い・沖縄」を宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開いた。伝統芸能や創作舞踊を織り交ぜた迫力の舞台で観客を引き付けた。舞台では獅子舞やエイサー、棒術、琉舞などの伝統芸能、元「THEBOOM」の宮沢和史さんや日出克さんのライブパフォーマンスがあった。

■『県、MICEで一括交付金活用を断念、単独整備へ 』
 沖縄県与那原町と西原町の中城湾港マリンタウン地区に計画している大型MICE施設について、県は国に求めていた一括交付金による予算措置を断念し、県独自の予算で建設する方向で検討を始めた。県単独予算で事業が可能か検討する。 

■『沖縄のラーメン名店の味をコンビニで』
沖縄ファミリーマートは沖縄県内全店で、琉球新麺「通堂」監修のらぁめん「おとこ味」「おんな味」を販売した。レンジ調理麺で展開した。 

■『沖縄県内69%の企業が正社員の賃上げ』
 海邦総研の沖縄県内企業の2018年度賃金引き上げ動向調査によると、正社員の賃上げを実施した企業は68・8%、賃上げを予定している企業も7・3%あった。19年度も49・9%が賃上げを実施する予定、好景気と深刻な人手不足を背景に、当面は賃金上昇が続くとみられる。

■『スターバックスが、やんばるで開店』
沖縄県本部町山川で建設されている新商業施設にスターバックスコーヒーが出店する。商業施設は3月22日に開業を予定。沖縄美ら海水族館に近接した立地を生かし、店舗には沖縄の海や環境を考える設備を整える。

■『沖縄で先行、マクドナルド スマホで来店前に注文』
日本マクドナルドは来店前にスマホアプリで注文が可能な「モバイルオーダー」などの新サービスを、県内41店舗のうち38店舗で開始した。県内店舗はサービス提供に必要な改装の実施率が高く、沖縄は外国人観光客などが多く訪れていることもあり、全国に先行して導入したという。

■『沖縄・国際通り三越跡に「夜のエンタメ」劇場開設』
 シュガートレインの井手裕一代表らは、覇市牧志の旧沖縄三越百貨店跡の琉球王国市場3階に、常設の「TEE!Family専用劇場」をオープンすると表明した。2月2日にプレオープン、3月1日のグランドオープンを予定している。シュガートレインは非言語の舞台「Tee!Tee!Tee!プロジェクト」を手掛けている。

■『JTBが夜エンタメ~琉球と和、クラブで融合 』
  JTB沖縄は観光客が沖縄や日本の文化、芸能を体感できるナイトコンテンツ「RYUKYU AMAZING NIGHT(RAN)」を那覇市松山のナイトクラブ「epica」で始める。エイサーや獅子舞、和太鼓など、琉球と和の要素にクラブの音響や照明を生かした新感覚のナイトエンタメとして提案する。

■『沖縄の商工会、組織率、全国1位』
 「事業者数全体に占める商工会会員数の割合を示す組織率」で、沖縄が全国トップになった。2018年4月時点、会員数は2万672会員で組織率は65・1%。会員数は9年連続で増加した。

■『沖縄は花の季節 1月19日~5月6日まで花のカーニバル 』
「第36回沖縄花のカーニバル」が5月6日まで開かれている。本部町の「第41回もとぶ八重岳桜まつり」がスタート。県内各地で48のイベントが開催される。「花や樹木のある沖縄の風景」をテーマに行われる「花メッセージ」コンテストでは、インスタグラム部門、スクール部門に加えて、ことしからは一般家庭部門と事業所部門が加えられたので参加人数の増大が見込まれる。

(この欄は琉球新報、沖縄タイムズの掲載記事を参考に作成しました)

■─■────────────────────────────────────
    [5] イベント情報
■─■────────────────────────────────────
■フューチャーセッション「観光業×IT(リゾテック)vol.2」
 2月04日 / 14:00-17:00
 沖縄県市町村自治会館4階 第7会議室
https://isc-okinawa.org/event/futuresession_no-9/ 

■第4次産業革命 未来を創るテクノロジー
 ~ビックデータ・IoT・AIの活用を身近な事例から考える~(那覇市主催)
・2月07日 / 14:00-17:00
・会場:沖縄県立図書館 3Fホール
https://isc-okinawa.org/event/announcement_of_data_science_program_naha_seminar01/ 

■ビジネスモデル発見&発表会全国ツアー開始!
うちなー沖縄大会の発表者 & 応援者募集 (テレコムサービス協会九州支部主催)
https://isc-okinawa.org/event/ictb-business?model?contest/
ビジネスの「アイデア/プラン/モデル/素材」& 企業内の秘蔵の商品・サービス・技術を募集
・2月1日(金) 13:00~18:00 
・ホテルロイヤルオリオン

■OKINAWA Startup Program (琉球銀行&沖縄タイムス主催、ISCO後援)
2月23日 14:00~
http://okinawa-startup.com/

=================================

最近のお知らせ

2019年12月13日お知らせセミナーODITT
2019年度 第4回ODITT特別セミナーのご案内(1/10)
2019年12月13日お知らせ
【IIA】 2020年度新入社員合同研修事業説明会開催のお知らせ
2019年12月13日お知らせJISA
【JISA Webニュース】No.1207
2019年12月11日お知らせ
沖縄MICEネットワーク メールニュース (2019.12.11号)
2019年12月05日お知らせISCO
【ISCOメルマガ】vol24