沖縄県情報産業協会 IIA

【ISCOメルマガ】 vol.5『5Gオープンラボ開設』

■□ 目次 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
    [1] 「大きなプレゼント」~5Gオープンラボ開設
    【ISCO理事長の巻頭報告】
    [2] 『ISCOがエストニア、ラトビアの団体とMOU締結』
    [3] 沖縄県公募情報
    [4] 沖縄情報 経済・企業
    [5] イベント情報
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
■─■────────────────────────────────────
  [1]「大きなプレゼント」~5Gオープンラボ開設
  【ISCO理事長の巻頭報告】
■─■────────────────────────────────────
https://isc-okinawa.org/2019/01/15/info_nttdocomo_5gopenlabokinawa_open/
「沖縄への大きなプレゼント」――来賓の一人の祝辞だが、筆者もそう、実感した。1月9日、NTTドコモは超高速通信が可能な「第5世代(5G)移動通信方式」の実験環境をパートナー企業に無償で提供する「ドコモ5GオープンラボOKINAWA」を開設した。那覇市銘苅のISCOが入居する那覇市IT創造館の隣のビルである。米ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市CESでも目玉の展示品だった5Gについての説明は不要だろうが、「高速・大容量」「低遅延」「多数端末接続」が特徴で、サービスの品質向上や新たなサービスの開発が期待される。その開発に利用できる実験環境を東京、大阪に次いで沖縄に開設してくれた。利用できる「ドコモ5Gオープンパートナー」は全国で約2千団体、沖縄では約50団体が加入している。
「沖縄発」で新サービスを生み出してゆくというISCOの理念に沿ったオープンラボである。ISCOもこうした会員企業の事業を応援してゆきたい。積極的に会員企業がいろいろな提案をしてくるのを期待している。

■─■────────────────────────────────────
  [2] 『ISCOがエストニア、ラトビアの団体とMOU締結』
■─■────────────────────────────────────
ISCOとエストニア・STACC、ラトビア・LIAA、MOUを締結一般財団法人沖縄ITイノベーション戦略センター(以下「ISCO」という。)は、エストニア・ソフトウェアエンジニアリング・アプリケーションコンピテンスセンター(以下「STACC」という。)及びラトビア・ラトビア投資開発公社(以下「LIAA」という。)と、相互の国際連携を図る目的で包括的連携協定(以下「MOU」という。)を締結しましたのでお知らせ致します。
詳細:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000040468.html

■─■────────────────────────────────────
   [3] 沖縄県公募情報
■─■────────────────────────────────────
■沖縄県振興審議会委員の公募について
https://www.pref.okinawa.jp/site/kikaku/chosei/ken_shingikai_iin_koubo2.html
沖縄県振興審議会は、県の振興に関する重要事項について調査審議することを目的とし、県行政の意思形成過程に県民が直接参加する機会を確保するため、沖縄県振興審議会の委員を広く県民から募集します。

応募期間:平成31年1月11日(金) ~ 平成31年2月12日(火)

■平成30年度外国人農業支援人材向け生活情報ウェブサイト制作委託業務の企画提案募集
https://www.pref.okinawa.jp/site/norin/eino/ninaite/tokku/websakuseiitakukikakuteian.html
沖縄県は国家戦略特別区域農業支援外国人受入事業に基づき、外国から農作業等の現場で就労することを目的に本県で生活を営む外国人農業支援人材を受け入れる。外国人材及びその他関係者に対する多言語の生活情報提供ウェブサイト等の制作の企画提案。

提出期限:平成31年1月18日(金曜日)16時00分まで 

■【オフィス】沖縄IT津梁パーク入居募集について
https://www.pref.okinawa.jp/site/shoko/johosangyo/kiban/itshinryo/boshu1811.html
随時募集中。

【オフィス】沖縄情報通信センタービジネス棟入居募集について
https://www.pref.okinawa.jp/site/shoko/johosangyo/kiban/kendc/bizkoubo.html
随時募集中。

■─■────────────────────────────────────
    [4] 沖縄情報 経済・企業
■─■────────────────────────────────────
■『MRO 那覇で整備開始 那覇空港』
 那覇空港内の航空機整備施設を運営するMROJapanが県内で航空機整備事業を本格的に開始した。3月末までに約20機を受け入れる予定。
■『アルプス技研、特区外国人就農、第1号』
国家戦略特区で外国人就農が認められている沖縄県は、アルプス技研を事業者第1号として通知した。同社は外国人就農者と雇用契約を結び、県内の農業法人や農家に派遣する。早ければ4月にベトナムから5人を受け入れる。
■『GABA使用の機能性表示食品』
 県物産公社、海邦商事、崎山酒造廠の3社が発表した。海邦商事は「黒糖アーモンドくつろぎGABA仕立て」、崎山酒造廠は「GABAもろみ酢」を開発、いずれも勉強や仕事による一時的なストレスの緩和が期待される。物産公社が販売促進する。
■『沖縄クロス・ヘッド、安価なデータベース』
沖縄クロス・ヘッドは安価で利用できるデータベースのバックアップサービス「BCPライトパッケージfor ODA」の提供を4月初旬に始める。バックアップに使うサーバーラックを複数企業で共有することで価格を抑える。
■『オゾンで環境負荷軽減 汚泥処理、離島で活用』
県環境・エネルギー研究開発機構は県内外の企業と共同で、汚泥や産業廃棄物処理で環境負荷の少ない方法を導入している。オゾンを活用した技術で汚泥を大幅に削減し処理する。工事現場などから出る産業廃棄物を「リメックス」と呼ばれる素材を使って、再生可能な資材に加工する。
■『2017年度 沖縄の企業利益ランキング』
 東京商工リサーチ沖縄支店によると、17年度の県内法人企業利益は、1位サンエー(104億300万円)、2位沖縄セルラー電話(90億9000万円)、3位琉球銀行(78億2700万円)、以下、日本トランスオーシャン航空、沖縄銀行、沖縄電力、沖縄徳洲会、那覇空港ビルディング、オリオンビール、沖縄県農業協同組合、沖縄県土地住宅、りゅうせき、琉球セメント、南西石油、國場組、沖縄ヤマト運輸、琉球海運、沖縄海邦銀行、ローソン沖縄、沖縄出光が10億円以上の利益を計上した。
■『沖縄県内ホテル 建設ラッシュ続く』
琉球新報の調べによると、沖縄県内で2019、20年内に開業を予定しているホテルが少なくとも44あり、客室数は合計7350室増える見込み。20年3月の那覇空港第2滑走路使用開始で予想される入域観光客の増加に伴う宿泊需要を見込んでいる。客室総数は一気に5万室を超えそうだ。
■『英語ガイドの地域通訳案内士、県が育成中止』
沖縄県は本年度から県地域通訳案内士の育成研修対象言語から英語を省いた。今年10月末現在、県内に登録されている英語通訳案内士(全国通訳案内士と地域通訳案内士)は計283人で、県が2022年4月1日までに目標としていた140人を大幅に超え、登録目標数をすでに達成した。
■『「コストコ」沖縄・南城出店検討 つきしろIC周辺 市は地権者に意向調査』米コストコホールセールジャパンは運営する量販店「コストコ」の沖縄出店候補地として南城市を検討している。県が計画している地域高規格道路、南部東道路のつきしろインターチェンジ周辺で、市は地権者らに意向調査を実施、誘致に動き出している。
■『旅の医療保険、レンタカーと一緒に』
沖縄ツーリストの「OTSレンタカー」と大同火災海上保険は1月1日、従来のレンタカー損害補償に付加して、病気やけがの治療費も補償する外国人旅行者向けの保険の提供を始めた。大同火災が提携する6言語対応の専用コールセンターが24時間受け付ける。
■『那覇空港に小型免税店「エアビックカメラ」』
日本空港ビルデングとビックカメラが共同出資する「Air BIC」は3月18日、建設が進む那覇空港際内連結ターミナルに小型の免税対応店「Air Bic Camera 那覇空港店(仮称)」を開設する。生活・美容・健康家電やデジタルカメラ、腕時計など国内外の観光客に人気の商品に絞って取り扱う。
(この欄は琉球新報、沖縄タイムズの掲載記事を参考に作成しました)

■─■────────────────────────────────────
    [5] イベント情報
■─■────────────────────────────────────
■「平成30年度地域ICT/IoT実装推進セミナー(後期)」開催
https://isc-okinawa.org/event/ict-iot-seminar/
「IoT×農水産業」をテーマに、県内での取り組み事例の紹介、グループに分かれての意見交換会。

・平成31年1月23日(水) 13:00~17:00 
・沖縄県市町村自治会館ホール

■1月25日「OKINAWA STARTUP FESTA」開催
https://isc-okinawa.org/event/okinawa-startup-festa/
県外・国外のスタートアップの現状を踏まえた沖縄でのスタートアップの可能性について、基調講演、パネルディスカッションを行う。他にも沖縄に高いシナジーを持つ県外・国外(台湾4社)のITスタートアップや県内の次世代ITスタートアップによる「ベストマッチピッチ」を行う。

・1月25日(金)13:00~19:00
・会場:沖縄県立図書館 3Fホール

■ビジネスモデル発見&発表会全国ツアー開始!
うちなー沖縄大会の発表者 & 応援者募集
https://isc-okinawa.org/event/ictb-business?model?contest/
ビジネスの「アイデア/プラン/モデル/素材」& 企業内の秘蔵の商品・サービス・技術を募集

・2月1日(金) 13:00~18:00 
・ホテルロイヤルオリオン

【主催】(一社)テレコムサービス協会九州支部 ICTビジネス研究会(ISCO賛助会員)
【共催】株式会社FROGS

 

 

最近のお知らせ

2019年12月13日お知らせセミナーODITT
2019年度 第4回ODITT特別セミナーのご案内(1/10)
2019年12月13日お知らせ
【IIA】 2020年度新入社員合同研修事業説明会開催のお知らせ
2019年12月13日お知らせJISA
【JISA Webニュース】No.1207
2019年12月11日お知らせ
沖縄MICEネットワーク メールニュース (2019.12.11号)
2019年12月05日お知らせISCO
【ISCOメルマガ】vol24