沖縄県情報産業協会 IIA

新型コロナウイルス感染症対策のための沖縄県主催イベント等の開催への対応について(第2報)

沖縄県では、2月27日に開催した「沖縄県危機管理対策本部会議」において決定した、新型コロナウイルス感染症対策のための沖縄県主催イベント等の開催への対応について、その方針を一部見直しすることとしました。
国の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議(3月9日)における同感染症対策の見解によると、「現在の国内の感染状況については、増加の傾向にありますが、爆発的な感染状況には進んでおらず、一定程度持ちこたえている」との考え方が示されております。
一方、本県においては、今後、春休みの時期頃から、県外を中心に交流人口が少しずつ増えることも想定され、引き続き、感染が流入するリスクも考えられますが、現時点においては、2月20日以降23日間、新たな患者は確認されておりません。
また、同感染症等の影響が足もとの経済活動を急激に低下させている状況に鑑み、開催場所や期間など、下記の留意事項を踏まえたうえで、イベントや会議等を実施する場合は、必要な対策を十分に講じることを条件に開催の判断をしてまいります。
引き続き、県民の皆様には御不便をおかけしますが、感染拡大の防止と社会経済へのインパクトを最小限にとどめるためにも、御理解と御協力の程、よろしくお願いいたします。

〇沖縄県主催のイベントや集会等については、「密閉空間であり換気が悪い」かつ「近距離での会話や発声がある」かつ「手の届く距離に多くの人がいる」という状況にならないよう留意することに加え、同一空間での滞在時間を可能な限り短くする。
〇参加者への手洗いの推奨やアルコール消毒薬の設置、換気への配慮、風邪のような症状のある方には参加しないよう依頼をするなど、感染拡大の防止に向けた防疫対策を徹底したうえで開催する。
〇ただし、高齢者や基礎疾患を有するなど、感染すると重症化するリスクが高いとされる方が参加するイベント等は、引き続き開催を中止又は延期する。
○内外の状況等も鑑みつつ、県内において、新たな感染者が確認された場合には、再度、イベント等の開催を中止又は延期する措置を講じる。

引き続き、県内市町村や事業者の皆様におかれましても、本方針の趣旨を御理解いただき、できる限り同様の対応について、御協力いただきますようお願いいたします。
沖縄県主催イベント等の開催への対応について(第1報)
沖縄県主催イベント等の開催への対応について(第2報)