沖縄県情報産業協会 IIA

認定情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)制度の創設について

中小企業者等の生産性向上・経営基盤の強化のため、平成30年7月9日に「中小企業等経営強化法」の一部改正が施行され、中小企業のIT活用を支援するITベンダー等を情報処理支援機関として認定する制度が創設されました。 

1.概要
人手不足による中小企業者等の生産性向上が求められる中、中小企業者等の生産性向上・経営基盤の強化のため、平成30年7月9日に「中小企業等経営強化法」の一部改正が施行され、中小企業のIT活用を支援するITベンダー等を情報処理支援機関として認定する制度が創設されました。
認定制度は、中小企業者等の生産性向上に資するITツールを提供するITベンダー等を、情報処理支援機関として認定することにより、中小企業者等が使いやすいITツールの開発を促すとともに、中小企業者等にとってITベンダーやITツールを選定するために必要となる情報を開示するための体制を整備するものです。
なお、本制度及びIT活用が中小企業者等に浸透することを期待し、認定情報処理支援機関の愛称を「スマートSMEサポーター」としました。 

2.認定情報処理支援機関制度に関する特設ホームページ
認定情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)制度に関する特設ページを開設しました。今後、申請受付、登録されたスマートSMEサポーターの情報開示、活用方法、スマートSMEサポーターが中小企業の皆様のIT活用を支援する際に参考となる資料掲載等を行う予定です。
詳しくは、以下のホームページをご覧ください。

 http://smartsme.go.jp/